サーモス

サーモス新卒採用サイト

冷めない情熱 Challenge for Innovation

Person 社員の働き方

この新技術がある世の中はどんな世の中になるだろう。想像すると、ワクワクする。

関口 修平 開発部開発2課  2013年入社 工学部出身

開発

なぜ、サーモス?自分が貢献できるイメージができた

私の場合、就職活動をする前に志望業界はとくになかったんです。ただ就職活動を通じて、自分が行う業務がどのように役立つのかが実感できる会社で働きたいと思うようになりました。サーモスの他にも数社の内定を頂きましたが、内定後に社長を含む経営陣の話を聞き、会社のビジョンを改めてわかったことと、内定者交流会を通じ同じスタートを切る仲間の考えを知ることができたのが決め手でしたね。

いまの仕事は?技術視点から新製品のヒントを生み出す

新潟工場にある開発部開発2課に所属しています。この部署は製品をつくる上で土台となるような技術やこれまでになかった新機能の研究開発を行う部署です。サーモスのコア技術である真空断熱技術を発展させるアイデアや新しい加工技術の創出に挑んでいます。私は入社2年目なので業務経験が浅いので、1つ1つの仕事がすごく勉強になっていますね。

仕事の醍醐味はどこに?新しい技術の可能性を追求できること

私がいま主としているのは、基礎研究に近い仕事です。研究開発を行っているテーマはどれも、まだ世の中に存在しないような技術ばかりなのでやりがいがありますね。この技術が実現したらどんなユーザーベネフィットが生まれるか、世の中はどう変わるかと想像を膨らませるのはとても楽しいですし、自分のモチベーションになっています。また社内でその技術について議論を重ねることもおもしろいですね。

将来、目指すものは?魔法瓶技術で、さらなるイノベーションを

10年先、20年先になるかもしれませんが、真空断熱技術を応用して、魔法瓶技術でできる、まったく新しい製品づくりにチャレンジしたいです。そのためには技術者としての視点だけでなく、幅広い視野が必要になると思います。営業やマーケティング、管理などの業務も経験して、違う立場の複数の視点を獲得したいですね。

このページの先頭へ