サーモス

サーモス新卒採用サイト

冷めない情熱 Challenge for Innovation

Person 社員の働き方

海外も視野に入れた成長できる環境を求めて。

マーケティング 柏原 雄樹 マーケティング部 製品戦略室 企画課 2013年 商学部

マーケティング

なぜ、サーモス?長く愛される製品をつくりたい

私は前職、食品メーカーで働いていました。食品業界は比較的入れ替わりが激しく、自分の携わった製品がすぐに消えてしまうことも珍しくありません。そこで、ユーザーの方に長く使っていただける製品に関わっていきたいと思うようになり、サーモスの存在を知りました。また、将来的に海外での勤務を希望しているので、その目標に向かって挑戦できそうだと思い入社を決意しました。

いまの仕事は?幅広い視点を持つために、
マーケティング職へ異動

入社直後は前職の経験を活かし、営業職でネット店舗や百貨店へのルート営業・新規案件への対応などを行なっていました。その後は、上長や先輩方から「マーケティングの知識や幅広い視野を持つことが必須」というアドバイスをいただき、今の部署に異動する機会に恵まれました。現在は企画課という部署で、主にスポーツボトルやクーラーバッグといった製品の企画に携わっています。営業先で聞いたお客さまのご意見や感想を、実際の製品に活かせるよう進めていく仕事です。営業職での知見とマーケティング職のノウハウを融合させて、よりよい提案ができるよう努めています。

仕事の醍醐味はどこに?やりがいや喜びは
お客さまの笑顔

実際にお客さまに使っていただき、喜んでもらえているのを見るのが一番嬉しいですね。自分やチームが企画した製品を店頭で目にすると感動がありますし、営業職で得た経験をマーケティングの仕事に活用できた時もやりがいを感じます。例えば、製品を紹介しながらサイズ感を具体的に説明できると理解してもらいやすいですし、自分のこれまでのキャリアに価値が生まれて少し誇らしくなります。そのような意味も含めて、常にお客さま目線の取り組みを心がけながら製品の企画を行なっています。

将来、目指すものは?夢は海外でサーモスも自分も成長させること

前職では国内での異動が多く、さまざまな文化や経験に触れることで成長できました。これからは、その可能性をもっと広げて、海外も視野に入れた働き方をしたいと思っています。グローバル展開しているサーモスのブランド力や品質の高さは大きな強みと考えており、サーモス製品を海外に向けて、もっと活かせるような販売戦略や製品の企画に携わりたいと考えています。現在の業務が海外工場とのやり取りなどをしていることもあり、日々の勉強やスキルアップを通じでその目標に近付いていきたいです。

このページの先頭へ